Martin Shenandoah 2832 アコギ サドル調整

久々の更新です! 今回はOPENしてから最も依頼があるアコースティックギターのサドル調整のお話です。 弦が乗っかっている白い棒です。 この厚みを削り高くなった弦高を低くするのが目的です。 今回お預かりしたギターはネックの症状は比較的軽症でしたが かなりトップのふくらみが進んでいて、 目視でもしっかり分かるぐらいの症状でした。 レギュラーチューニングをして6弦12フレット上を量り4mmほど 現在張ってある弦がテンションの低いエレキ弦の為、 アコギ弦に変えたらおそらく1mmほどあがってくるでしょう。 ですが3弦が巻き弦じゃなかったりでネックを引っ張る力もアコギと違い アコースティックギター本体への影響が出る可能性があるので、個人的にはおすすめしません。 場合によりますが、弾きやすさを求めるだけなら細いアコギ弦にしましょう! ※あくまでも個人的意見ですよ。 なので代える弦もアコギ弦に変更です。 サドルも高さが十分残っており、 結構、弦高は落とせそうですが、 注意する点があります。 弦高を低くしたいからと言って サドルを落としすぎると エンドピンからサドルへのテンションのかかりがなくなり ブリッジからヘッドへ直に引っ張る力がかかり ブリッジはがれなどの違う症状がでる危険性がある為ある程度高さを残す必要があります。 梃子の原理みたいなイメージです。 あとピエゾタイプのエレアコの場合は特に重要ですが、サドルの下面を限りなく平面にしないと 各弦の音を拾うバランスが悪くなり、アンプに通すとかなり違和感がある仕上がりになってしまいます。 エレアコ仕様ではなくても、ギター本体への設置面が少なくなり

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

SINCE2016@

 

  • w-facebook

新着楽器情報掲載中Twitter→

  • Twitter Social Icon

店舗情報掲載中FaceBook→