特集記事

gibson J-45 ブリッジはがれ 再接着

ブリッジ剥がれ修理のご依頼です。


しばらく弾かずにケースに入れてままにしていたら

ブリッジの角が

少し浮いている(隙間)とのことで再接着の依頼です。


少しの浮きなら作業はそこまで難しくもないです。

ですが今回作業を始めようと弦を外してみると、、、


今回はアジャスタブルサドルというサドル両隣につまみがあり

サドルの上げ下げで弦高が変えられるサドルだったんですが

それを外す際、

つまみをくるくる回していると

なんとブリッジも綺麗に上に上がってきました

なんとなんと接着はすべて外れていて

アジャスタブルのつまみだけでサドルが止まっていたのです


これは初めて見るレアケースです

弾いてるときにブリッジごと外れで飛んでこなくてよかったと思います。


なのでお客様にこのことを伝え

ブリッジ全接着になりました。

作業完成の写真を撮り忘れていしまいましたが

お客様には喜んでいただきました。ありがとうございます。


ちなみにブリッジが剥がれたり浮いたりする原因は

弦をチューニングしたまま放置することが最もの原因です。

湿度やら温度なども影響はなくもないですが

弦の張力によるブリッジを引っ張りはがれる原因がほとんどです。

なのでアコースティックギター、クラシックギターの場合は

ネック以外にも負担がかかるのでより気を付けないといけません。

はギターのボディトップのふくらみなども影響するため

いいことがありません。

あとメーカーによってブリッジがはがれやすいギターや

メーカーから当社のギターは弦を緩めずに保管してくださいというギターもあったりします。


その件については次のブログで

もうちょっと突っ込んでお話いたします。








最新記事
ソーシャルメディア
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
まだタグはありません。